求人情報に簡単な作業と書かれていても体力的に楽とは限らない

工場の仕事は比較的高時給が得られますが、コンビニの店員などに代表されるサービス業と比べると向く人がある程度限定されます。では、どういった人が工場の仕事に向いているかというと、やはり体力がある人です。工場の求人情報にはよく「誰にでも出来る簡単なお仕事」とか「軽作業」といったことが書かれていて体力は不要に見えるかもしれませんが、仕事内容は簡単で単純だけど、こなすには体力が必須、という意味が含まれていることも珍しくありません。

たとえば、工場の仕事として、同じ場所に立ってベルトコンベアなどで運ばれてくる商品の組み立てなどを行うライン作業と呼ばれるものがあります。作業内容自体は同じことの繰り返しで単純ですが、朝から夕方までずっと立ちっぱなしで仕事をしなければならないことが多いです。立ち仕事に慣れていない人だとかなり大変でしょう。

立ち仕事な上に残業が含まれ長時間労働になりやすい工場の仕事

工場の仕事は残業を求められるケースが少なくありません。基本的に工場の求人は忙しいときに行われるので、応募して採用された場合、しばらくは毎日残業ということもあるかもしれません。慣れない立ち仕事で大変な上に長時間の労働もこなさないといけないということで、体力のある人が工場の仕事に向いているといえるわけです。ただ、立ち仕事は最初は大変でも、しばらくすると慣れてくる、あるいは体力がついてきてこなせるようになるので、運動不足で体力に自信がないという人でもなんとかなる可能性はあります。 工場での長時間作業をこなすコツとしては、とにかく睡眠時間を十分に取ることが大切です。寝不足だと体力的につらくなる上に、単純作業なので作業中に眠くなってしまい、仕事にならないからです。

東京の寮費無料の派遣は家賃が無料というのに加えて水道光熱費込みの場合もありますので事前にご確認ください。